会社データ

  • 会社名:株式会社電通国際情報サービス
  • 国:日本
  • 設立:1975年12月
  • 本社所在地:東京都港区港南2-17-1
  • ホームページ:https://www.isid.co.jp/

会社紹介

株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、単独の広告会社として世界一の売上高を誇る株式会社電通と、世界最大の多国籍コングロマリット企業であるGeneral Electric Company(GE)との合弁会社である。
同社は、企業を取り巻くIoTやビッグデータの活用、AIやロボティクスの実装、世界規模で進行する産業革新などの環境変化に対して、サービス提供力と圧倒的な業務ノウハウ、そして先端のテクノロジーを用いたイノベーションの実践により、最適なソリューションを提供し続けている。

導入背景

近年、特に山間部や離島などの農山漁村地域では、人口の減少・高齢化が深刻な課題となっている。そして、地域によっては既に集落機能や地域資源の維持に影響がでてきている。
そのような背景から、地域活性を推進することで、若者や高齢者を含めた全ての地域住民が生き生きとして暮らしていける環境の創出が求められている。
株式会社電通国際情報サービスはその取り組みの一環として、ブロックチェーン技術を活用した地域貢献活動をアプリでスコア化する「AYA SCORE(アヤ スコア)」の実証実験を開始した。

概要

【公共領域】ブロックチェーン技術を活用した農村への定住促進プロジェクト【事例】
株式会社電通国際情報サービスは、綾町地域定住推進協議会と共同で、地域貢献につながる活動をアプリでスコア化することで「助け合いのまちづくり」を目指す「AYA SCORE」の実証実験を2019年11月より開始した。
本実証実験は、農林水産省が推進している農山漁村のスマート定住条件強化型施策(ICTを活用した定住条件の強化に向けた取組)の一環として、宮崎県の綾町で実施される。

「AYA SCORE」では、ユーザーが町への貢献に繋がる活動に携わることで、ユーザーの地域貢献活動をスコアリングしていく。
同サービスは、スマートフォンのアプリケーションとして提供される。ユーザーは、イベント会場などに設置されたQRコードを読み取ることでスコアを獲得でき、ユーザーが獲得したスコアは、ブロックチェーン上で管理される。

「AYA SCORE」では、地域貢献活動を以下の4つに分類している。

  1. ふれあい活動:綾町で開催されるイベントへの参加・運営など
  2. 助けあい活動:ボランティア活動への参加・運営など
  3. 農業応援活動:農業に関するイベントなどに参加
  4. 地産地消活動:綾町の特産品の購入

ユーザーは、これらの地域貢献活動に携わることでスコアを獲得する。そして、スコアの獲得量に応じてランク・バッジ・称号を獲得し、期間内に多くのスコアを獲得したユーザーをランキング化する。
この仕組みにより、ユーザーがスコアを獲得する楽しみやスコアを通して新たにコミュニケーションを促進することができるという。また、今後は高スコアを獲得したユーザーに対して、非金銭的な特典を付与することも予定されている。

ブロックチェーンの説明

「AYA SCORE」では、株式会社Orbの開発したブロックチェーン技術である「Orb DLT(オーブ ディーエルティー)」が採用されている。「Orb DLT」は、独自の分散台帳技術をベースに、様々な性格の独自通貨を複数発行し、ユーザー間の送金や実店舗等での決済などに利用可能なプラットフォームである。
「AYA SCORE」では、4つの貢献活動ごとのスコア情報を複数の異なるスコアとして発行・管理している。

使用技術

  • Orb DLT(オーブ ディーエルティー)
  • コンセンサス アルゴリズム:PoS
  • 言語:Java Go

参考URL・文献

事例ダウンロード

会員登録を行うことで事例のPDFファイルをダウンロードすることができます。
既に会員登録を行っている方はログインしてください。
また、新たに会員登録を希望される方はこちらからご登録ください。

既存ユーザのログイン