会社データ

会社名:Stampery Inc.(スタンプリー株式会社)
国:アメリカ
設立:2014年
本社所在地:Spain Hortaleza 108, 6 left Madrid 28004
ホームページ:https://stampery.com/

会社紹介

Stampery Inc.(スタンプリー株式会社)は、スペインに拠点を置いているアメリカのスタートアップ企業である。
同社は、ブロックチェーン技術を活用したファイルや人とのやりとりを認証・証明する公証サービスプラットフォームである「Stampery(スタンプリー)」を開発した。
「Stampery」は、エストニア共和国が提供する電子プラットフォームである「e-Residency(イーレジデンシー)」(エストニア国内で使用されている電子プラットフォームの機能の一部を外国人も利用可能にするプログラム)と連携することでファイルの証明を行うことも可能である。

導入背景

ビジネスでは、日々ファイルの作成ややりとりが行われている。しかし、それらのコンテンツの公証には、紙に印刷し公証人や信頼のおける第三機関に依頼する必要がある。この手続きには多くの費用と時間を使うことからも、書類やメールが認証されているケースは多くない。
「Stampery(スタンプリー)」は、ブロックチェーンを活用した様々なファイルやメールの認証が行えるプラットフォームである。
同プラットフォームでは、ブロックチェーンによってデータの正確性を確保したうえで、従来よりも時間と費用を抑えることが可能であるとしている。

事例概要

【メディア・通信】公証サービス(Stampery.Inc)【事例】
Stampery Inc.(スタンプリー株式会社)は、ブロックチェーンを活用した公証サービスのプラットフォームである「Stampery(スタンプリー)」を開発した。

「Stampery」は、「Stamp.io(スタンプ ドットアイオー)」という名称でWEBサービスとして提供されている。「Stamp.io」では、証明書を発行したいファイルをドラッグ&ドロップすることで、証明書の申請日時・署名したユーザーの名前・データのハッシュ(元のデータを不可逆変換して置き換えた値)を記載した証明書が発行される。

その他、Stamperyでは外部の他のプログラムから呼び出して利用することが可能となるAPI(エーピーアイ)の提供や外部システムとの連携も行われている。
例として、エストニア政府が提供している「e-Residency(イー レジデンシー)」との連携がある。「e-Residency」とは、外国人がエストニア共和国の電子国民として口座の開設や法人登記が可能となるプログラムであり、同プログラムで取得したIDを利用してファイルを証明することも可能である。
ブロックチェーンを利用することにより、公証サービスにおいて本来必要な手続きを省略することができ、時間とコストの削減が可能である。そして、データはブロックチェーン上に改ざんが困難な状態で記録されることから、セキュリティ面でのメリットも存在している。

ブロックチェーンの説明

「Stampery(スタンプリー)」では、Bitcoin(ビットコイン)とEthereum(イーサリアム)の二つのブロックチェーンが採用されている。BitcoinとEthereumを併用することにより、データの信頼性の向上を行っている。その他、ブロックの承認時間に約10分かかるBitcoinのブロックチェーンの課題を、Ethereumのブロックチェーンと組み合わせることで処理速度を上げている。

使用技術

Bitcoin(ビットコイン)
コンセンサス アルゴリズム:アルゴリズム:Proof of Work
言語:Javascript、Python、Rudy、PHP、Lua

Ethereum(イーサリアム)
コンセンサス アルゴリズム:Proof of Work
言語:Go C++ Rust Solidity

参考URL・文献

・Stampery
https://stampery.com/

・stamp.io
https://stamp.io/

・ブロックチェーンを利用した公証プラットフォームStampery
https://gaiax-blockchain.com/stampery

・電子国家エストニアをブロックチェーンで支えるGuardtime
https://gaiax-blockchain.com/guardtime

・ブロックチェーン活用最新事例:認証システム編
https://journal.addlight.co.jp/archives/blockchain_certification/

エストニアのe-Residencyについて — エストニア共和国e-Residencyプログラム広報責任者アルノー・カステグネへのインタビュー
https://medium.com/e-residency-blog/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AEe-residency%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BDe-residency%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B1%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%80%85%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-c6f4bbc21465

・e-estonia
https://e-estonia.com/

類似サービス

・TIERION
https://tierion.com/

事例ダウンロード

会員登録を行うことで事例のPDFファイルをダウンロードすることができます。
既に会員登録を行っている方はログインしてください。
また、新たに会員登録を希望される方はこちらからご登録ください。

既存ユーザのログイン