会社データ

会社名:株式会社ソニー・グローバルエデュケーション
国:日本
設立:2015年4月1日
本社所在地:東京都品川区西五反田2-11-17 HI五反田ビル3階
ホームページ:https://www.sonyged.com/ja/

 

会社紹介

株式会社ソニー・グローバルエデュケーションは、「誰もが簡単に教育を受けられるように、誰もが競い合い、学び合えるように、アプリやサービスの枠を超えた新しい教育インフラを創り上げること」をミッションとしている。株式会社ソニー・グローバルエデュケーションでは、世界各国の企業、教育関連団体、学校や学習塾と連携しながら、新しい教育サービス・プラットフォームを作り上げている。

代表的な商品・サービスとして、子どもたちの創造性や探究心、未来を切り拓く思考力を育むことを目的としたロボット・プログラミング学習キットである「KOOV(クーブ)」や、世界規模で算数・思考力を測定するコンテストである「世界算数」を開催している。

導入背景

現在、教育機関において運用されているICT(アイシーティー)システムは、児童・生徒の学籍・出欠・成績管理や、教師の授業計画管理からなる「校務システム」、学習コンテンツ全体、児童・生徒の学習記録・結果などからなる「学習システム」の2種類により管理・運営がなされている。

新開発のシステムを利用することで、教師が利用する「校務システム」と児童・生徒が利用する「学習システム」を提供している事業者が異なる場合でも、従来から蓄積されてきたデータをそのままに、安全に統合・連携し、利便性の高いサービスを構築できるようになる。

事例概要

【教育】学習到達・活動記録をオープンかつ安全に相互利用する技術(株式会社ソニー・グローバルエデュケーション)【事例】
株式会社ソニー・グローバルエデュケーションは、「学習到達・活動記録をオープンかつ安全に相互利用する技術」の中にブロックチェーン技術を応用したシステムを開発した。

本システムは、複数の教育機関のデータを一元的に管理することで、信頼性のある学習データやデジタル成績証明書等の登録・参照が可能となっている。

システムにブロックチェーンの技術を用いることから、事実情報の改ざんが困難な状態でネット上に登録されることに加え、登録されている情報へのアクセス権を制限・付与する機能がある。

 

利用者(教育機関・教師と、児童・生徒・保護者)は、複数の教育機関が発行した成績データや学習・行動記録をもとに、デジタル成績証明書を別の評価機関に安全に提供できるようになる。また、複数の成績データや学習・行動記録を評価機関がAI(エーアイ)を用いて解析することで、教育機関での授業計画・運営の改善案・プログラムを提供することなども考えられている。

 

新開発したシステムは汎用性が高いことから、教育分野以外にも、IoT分野における機器制御やデータ管理、物流分野におけるバリューチェーン内の契約管理、デジタルコンテンツ分野における権利情報・配信記録管理、シェアリングエコノミー分野における所有権・利用権管理、あるいは仮想通貨分野における通貨・ポイント管理や身分証明全般など、幅広い活用が期待されている。

 

ブロックチェーンの説明

システムでは、米IBM(アイ・ビー・エム)が主導開発元であるブロックチェーン・フレームワーク「Hyperledger fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」を使用している。

「Hyperledger fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」はLinuxOS(リナックスオーエス)の開発や標準化などを行う非営利組織である「Linux Foundation(リナックス・ファウンデーション)」が管理する「Hyperledger(イパーレジャー)」と呼ばれるオープンソースを用いられている。「Hyperledger(イパーレジャー)」には、エンタープライズ向けに構築されていることから、全ての参加者のアイデンティティーがわかっている許可制ネットワークの採用やプライバシー保護の観点から、必要な関係者にのみデータを送信可能であるなどの特徴がある。

 

使用技術

Hyperledger fabric(ハイパーレジャー ファブリック)

コンセンサス・アルゴリズム:Practical Byzantine Fault Tolerance(プラクティカル・ビザンチン・フォールトトレランス)

言語:Go Java

 

参考URL・文献

教育ブロックチェーン Webサイト

https://blockchain.sonyged.com/

 

ブロックチェーン技術による教育データの認証・共有・権限管理システムを開発

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201708/17-071/index.html

 

ブロックチェーン技術であるHyperledger Fabricと、IBM Cloudを活用し、次世代の成績証明プラットフォームを構築

https://www.ibm.com/jp-ja/case-studies/sonyglobaleducation

 

Hyperledger Fabric がブロックチェーン・ネットワークにもたらす上位 6 つの技術的メリット

https://www.ibm.com/developerworks/jp/cloud/library/cl-top-technical-advantages-of-hyperledger-fabric-for-blockchain-networks/index.html

 

ソニー、教育データを“ブロックチェーン”で認証管理できるシステム

https://japan.cnet.com/article/35105571/

 

 

類似サービス

BC Diploma

https://www.bcdiploma.com/

事例のダウンロード

会員登録を行うことで事例のPDFファイルをダウンロードすることができます。
既に会員登録を行っている方はログインしてください。
また、新たに会員登録を希望される方はこちらからご登録ください。

既存ユーザのログイン